かわいそうなヤツだと思ってやればいいのです

どうか自分を守り抜いて下さい!!


 
なたが行動を起こさずとも、遅かれ早かれブースは潰れます。

 

私は、こういう場で宗教的な話はしない主義ですが、今まで数多くのブースを見てきた限り、やはり、人を人と思っていない連中には、

 

 

人知を超えたすごい転落のシナリオ

 

 

が待っているものです。

 

考えてもみて下さい。あの上司、プライベートでも人に好かれると思いますか?(笑)

 

少なくとも日本では、往々にして幸せは人間を仲介してもたらされるもの。人を人と思っていない彼らに、まっとうな幸せが訪れるはずもありません。

 

 

中には、プライベートまで投げうって、クライアント企業の要人に取り入る為に、心にも無いお世辞を言ったり、飲み会に行ったり、カニを送ったりイクラを送ったり、終始完璧にゴマをすり続けるケツの穴の小さい必死なチンピラもいると思いますが、

 

彼らが24時間それを意識しているとしたら、彼らの人生はなんてつまらないんでしょうね(笑)

 

それをブースの部下に対してもやっているのなら見上げたものですが、そうでないなら私は心底軽蔑します。

 

 

彼らは、もがけばもがくほど自分で罠にハマっていきます。あなたががんばる必要はありません。

 

威圧や恐怖で人を従えさせる人間は、必ずもっと強い人間に同じ方法で始末されます。歴史上、恐怖政治はそうして終焉を迎えてきました。

 

残念なことに、本人たちはどういう脳をしているのか、それに気づいていないのです。今まで何とかなってきたことが明日も何とかなると思っているのですから、さぞかし人生楽しいのでしょうね(笑)

 

自分が歩む昇進へのウィニングロードは細い綱渡りだと気付くべきです。バランスを崩したときに、支えてくれる部下はどこにもいません。むしろ「私が支えますよ〜」な雰囲気を出しておきながら、いざとなったら思いっきり足を引っ張る人はたくさんいるでしょうが。

 

広告


 

どうか皆さんは彼らや、彼らに媚を売る主体性の無い奴隷の上司や、彼らを評価している会社に騙されないで下さい。

 

社会ではダメなことがブースではOKなはずがありません。つまり、ブースでは威張っていても社会的に考えたらダメなヤツが、社会でOKなわけがないのです。

 

 

世間にある「人の心をつかむ方法」の多くが誠心誠意を基盤にしているのに、コールセンターだけ例外なわけがありません。それがない人間が、たとえブースではブラックな心理術で付け焼刃の統治はできても、外ではそんなもの通用しません。

 

友達が少なかったり、人から裏切られたりしていて、そのうっぷんをブースのオペレーターさんたちにぶつけたり、自己の存在確認をしようとするものだから、悪循環です。

 

彼らは痛い目を見るまでわからないのです。あなたが傷つく必要はどこにもない。

 

どうか、目先の時給の為に、あなたの親御さんが必死に教えようとした倫理道徳を忘れないで下さい。魂まで売り渡さないで下さい。

 

 

「人は自分を映す鏡」とはよく言ったもの。

 

そういう上司をのさばらせている会社も、結局のところその上司を人間とは思っていません。だからその上司、いつまでも本当の意味で評価されないでしょう?(笑)

 

仮に運よくマネージャーになっても、一部の取り巻きを除いて「やってらんねえ」って辞めていくベテランがいたり、大量離職が起こったり、結局のところ肩書に見合うだけの成果は出せないものです。

 

だから、いつでも管理者登用の話が絶えないのです。彼らは常に不安と戦っているので、バッファを持とうと必死です。その姿、ちょっと離れたところから見てみて下さい。醜いことこの上なしです。

 

広告


 

もっと言うと、不思議なものでそういう上司のいるブースには、商材・サービスに関係なく、ビックリするくらいのモンスタークレーマーが入ってくるものです。

 

人を人と思っていない人間の下に、電話越しなら何を言ってもいいと思っている輩が集まる……、考えてみれば自然なことですね。治安が悪い地区に自然と治安を悪くする人間が集うのと同じ原理です。類友です。

 

 

大丈夫です。連中は必ず、「人と思われていない」手段で罰を受けます。これまで自分がそうしてきたように。少なくとも私が見てきた限りでは、例外はありませんでした。

 

もし、「待てない!」という方がいたら、上司を名指しで辞めてやればいいでしょう。それがすぐにできる最強の攻撃です。

広告


関連ページ

家電量販店も危険|コールセンターから転職を考える人へ
コールセンターと同じくらいの高時給で求人を探すとどうしても目につくのが、家電量販店のメーカー販売員の勤務ですが、実はこれもブラック要素のかなり強い職場なのです。

ランキングに参加してます

よく読まれている記事

気になる教材など


TOP 天 国 地 獄 戦 術